1.バーサル CHN 【TSP】・・・2009年前半~

選定理由

日本角ペンをずっと使っていたが、気分転換に中国式にしてみた

王皓みたいに裏面ドライブをかっこよく決めてみたかった

面積広いので、空振りやエッジになるのが減るかな など

 使用感

まず指が痛い

ラケットの削り方がわからない

握り方もしっくりこない

汗をかくと、中指が滑りやすくなり、ラケットが吹っ飛んでいくのではないかと感じる

裏面ラバーを貼っているのもかかわらず、重く感じない

ラケット自身はかなり軽い

60gだった

単板と違って木の素材が柔らかいので、ラバーとの相性はまだわからない

値段

安い

ラバーより安い

総評

体力のない人向き

これから裏面攻撃をやりたい人向き

単板とは弾みが違い、ラバーとの相性がわからない

単板からの乗り換えの場合、思ったより苦労するので個人的にはお勧めはしない

とにかく板厚が厚いので、握りに戸惑う

2.シナジー 【ヤサカ】・・・2010年夏~

選定理由

バーサルに合うラバーが難しく、ステップアップ及び軽量ラケットをさがして

 使用感

重たい

カタログには70±5グラムとあるのに実際は85グラムもあった

ラケットのエッジに球が当たらなくなった

板厚が6.0mmなのが良かったみたい

指が痛くないのも薄いおかげ

よく弾むようになった

またブロックもやり易くなった

いい事だらけのようだけど、重くなったせいで手首と肩を傷めてしまった

値段

安い

6,000円くらい

総評

バーサルよりは使いやすい

3.デネブ 【ミズノ】・・・2012年春~

選定理由

気分転換

シナジーで肩を痛めたので、軽いデネブにしてみた

 使用感

軽い

グリップが細く使いやすい

反転しやすい

値段

安い

5,000円くらい

総評

シナジーより使いやすい

スイートスポットが狭い

スイートスポットを外れると球の回転やスピードが思い通りにいかない

4.プロルーム 【アンドロ】・・・2013年秋~

選定理由

気分転換。 レベルアップを図るため、心機一転。

卓球王国とのコラボ製品で限定品のため、駆り立てられた感がある。

板厚5.7mmと薄く、使いやすいかとも思った。

 使用感

ドライブがやり易い

グリップが太く、ラケット面の安定感が増えた

重さは気にならない

デネブのときに貼っていたラバーをそのまま使ったら、全く違うラバーのように感じた

ラバー(テナジー25FX)本来の性能が発揮されている気がした

デネブと比べ、回転力アップ,スピードアップ,ドライブ安定感アップ,小技は同等

ラケット変更で得点力が10~20%くらい上がった感じ (あくまで感じたイメージ)

値段

1万円

総評

デネブより使いやすい

ドライブの操作性が格段に上がった

5. ハッドロウJPV-S 【バタフライ】・・・2019年~

選定理由

今まで中ペンだったが裏面を使わないので、日ペンに戻してみた

軽いラケットで楽するため

 使用感

中ペンのグリップに慣れていたので、ショートがまだ戸惑う

軽いので、ラケット操作が楽になった

値段

1万円弱

総評 日ペンでいいか と自問自答の日々

 

▲このページのトップへ